HOME(イベント)<<神幸祭<<亀戸天神 御鳳輦渡御祭

この日は亀戸天神の例大祭であるという。
今年は4年に一度の大祭にあたり、いわゆる平安絵巻のような古色蒼然とした行列が繰り出されているようだ。


亀戸天神を出発した行列は錦糸町や両国と言ったエリアを巡航するらしい。
その行列と遭遇したのは両国で、京葉道路と並行して走る竪川沿いの道に現れた。
住所で言うと両国3とか4とかそのあたりだろう。
パトカーに先導され、祭りの装束に身を包んだ江戸庶民(推定)の列が向かってくる。


この手の行列には定番の太鼓と天狗などが続いている。

太鼓 天狗

これもお馴染みの獅子頭や神職騎乗の白馬。

獅子頭 白馬

(左)さらに馬が続く。
(右)振り返ってみたところ。

馬

本来は鳳輦を牽いているはず?の牛。
推定30°を超える気温に夏バテか?
(右)歩くのも億劫そうに見える牛の雄姿。鼻面を引かれ、尻を叩かれ前進を促される。

牛 牛

牛は牽いてくれず、これまたバテ気味に見える人々が牽く鳳輦には菅原道真の御霊が乗っているんだとか。
鳳輦と言うと神輿タイプのものしか見たことなかったので、この牛車みたいなのは珍しい。

鳳輦 鳳輦

(左)ギシギシと車の回る音と共に進んで行く鳳輦。
(右)見るからにパワー系の馬に牽かれた馬車。

鳳輦 馬車

(左)馬だけにホースで給水中・・・
(右)行列の最後尾付近からの光景。

馬車

折角なので、亀戸天神まで来てみたが・・・何もやってない日なのか、時間なのか・・・
とにかく、人もまばらで、確かに“御鎮座三百五拾年記念奉祝 亀戸天神大祭"とあるが特別な雰囲気は全くない。
(右)本社神輿。出番はなさそう。

亀戸天神 本社神輿

このページのTOP     亀戸天神(東京十社編)     亀戸天神(藤まつり)     神幸祭   歴史イベントTOP