HOME(イベント)<<王子稲荷神社 凧市

この日は微妙な天気の中、王子編で訪れた王子稲荷神社へとやってきた。
王子の狐で知られるこの神社は、関東のお稲荷さんの親玉的な存在だ。
なのだが、今回の主役はその"狐"ではなく"凧"。当然"蛸"じゃない。
なんでも、ここには江戸時代から続く凧市なるものがあるらしいく、2月に初午・二の午の2回が開催される。
由来としては、火事の多かった江戸の世で、何故か"凧"が火よけのお守りとされたようなのだ。
そして、江戸の人々はここで奴凧を「火防の凧」だと言って買い求めるようになったと言う。


森下通り商店街とあるこの通りに王子稲荷神社はある。
沿道には縁日の屋台が軒を連ね、思いの外、多くの江戸庶民(推定)で賑わいを見せている。
(右)行列が出来ていた石鍋久寿餅店。写真では分りづらいがコーナーを曲がっても列は続いている。
何度も通っている所であるが、こんな行列は始めて見た。有名店だったのかもしれない。

王子稲荷 凧市 王子稲荷 凧市 王子稲荷 凧市

(左)左手に塀と山門が見えてきた。
山門をくぐると階段に微妙な列が出来ている。凄い人出というほどでもないのだが、境内が狭いので混雑している。

王子稲荷 凧市 王子稲荷 凧市 王子稲荷 凧市

社殿前に押し寄せる群衆。やっぱりスペースが狭いせい。

王子稲荷 凧市 王子稲荷 凧市

(左)お守りかお札か分らないが列を見る限り人気だ。
(右)境内の広さの関係で、そんなに数はない「火防の凧」の屋台。

王子稲荷 凧市 王子稲荷 凧市

ドンとでっかいのがあるのかと思ったが、案外ちっこいやつばっかり。

王子稲荷 凧市 王子稲荷 凧市 王子稲荷 凧市

非常に狭いところに5・6軒がかたまって出店されている。
ミニサイズの凧も多い。

王子稲荷 凧市 王子稲荷 凧市 王子稲荷 凧市

"王子の狐"にお参りする人々。

王子稲荷 凧市 王子稲荷 凧市 王子稲荷 凧市

「狐の穴」や隣りの祠には"油揚げ"が供えられている。

王子稲荷 凧市 王子稲荷 凧市 王子稲荷 凧市

このページのTOP    歴史イベントTOP