HOME(イベント)両国にぎわい祭り

poster


この日は、両国で「第十回 両国にぎわい祭り」が開催されているという。
何があるのかも分からず来たのだが、駅のポスターを見て最寄りの江戸東京博物館会場へと向かう。
江戸博では、2階の吹き抜け部分が会場となっているが、閑散としていてお祭りとは思えない。
今日は、展示を見るつもりはないので博物館内には入らない。
奥に進むと、スタンプラリーの用紙を配るテントがあり、用紙とイベントのチラシを受け取る。
ここの他に、国技館、国技館通り、回向院、江島杉山神社が会場となっているらしい。


江戸博会場 江戸博会場

(左)江戸東京博物館のキャラクターだという「ギボちゃん」。日本橋の欄干らしい。
(右)このライオンはお馴染みだ。国技館の前にライオンのオフィスがある。

江戸博会場 江戸博会場

地震体験車の「すみだぐらぐら号」。震度4から7の揺れを体験できる。
震度6にもなると罰ゲームになるくらいの容赦無い揺れになる。

江戸博会場 江戸博会場

どことなく怪しい足取りで階段を降りる着ぐるみたち。

着ぐるみ 着ぐるみ

両国国技館の会場へと向かう。
高砂一門感謝の集いとあるので、今日の国技館は高砂部屋が仕切るイベントの日なのだろう。

国技館会場 国技館会場

土俵では稽古が行われている。

国技館会場 国技館会場

なんだか、バトルロイヤルのような土俵の上。

国技館会場 国技館会場

ここでも着ぐるみが歩いている。
(左)国技館のキャラクターらしい「ひよの山」。とても弱そうだ。
(右)なぜか、ヤクルトスワローズのマスコット「つばくろう」が来ている。

着ぐるみ つばくろう

(左)優勝旗、トロフィー、盾...etc飾ってある。
(右)館内にある相撲博物館では「双葉山定次展」が開催されていた。
69連勝の記録保持者として有名な昭和の大横綱だが、リアルタイムで知っている世代ではない。

国技館会場 国技館会場

このページのTOP     歴史イベントTOP     次へ >>