HOME(イベント)日本橋架橋百年祭<<パレード(神田明神)

日本橋お江戸舟運まつりクラッシックカーパレード(オープニング)東北復興パレード架橋100周年記念パレード


パレード 第3部(架橋100周年記念パレード)



第2部の途中から、見物場所をやや、前方(数10mかな)に移している。
パレードも終盤に入り、第3部「架橋100周年記念パレード」は、
神社のお祭の様相を呈している。
高張り提灯は、日本橋、室町、人形町、兜町、小伝馬町、京橋...etc



(左)小舟町 八雲神社の獅子頭。この八雲神社というのは神田明神にある末社だか摂社だかの一つらしい。
(右)四神旗。それぞれ、青竜、白虎、朱雀、玄武が乗っている。



子供が牽いているのは加茂能人形山車(龍神山車)だとか。たぶん、昔、神田祭で牽かれた山車のスケールダウンしたもの。



(左)その龍神山車が目の前を通過。“わっしょい!”の掛け声には、群衆から“そうだっけ?”という声も・・・
(右)お囃子。



ここから、神田明神と日枝神社の氏子町会の神輿が続く。
どうやら、この室町あたりまでが神田明神のテリトリーで、日本橋を渡ると日枝神社のテリトリーになるらしい。
(左)日本橋室町一丁目の神輿。
(右)“日本一”の神輿ってなんだ?と思ったら日本橋一丁目だった。



(左)京橋一之部の神輿らしい。
(右)日本橋七の部の神輿らしい。



神田明神の行列が続く。
今年は、震災の影響で神田祭の祭列が出なかったため、ここに投入したきたのだろう。
(左)獅子頭。
(右)神田明神の大御輿。



町内神輿と比べて一際大きな神田明神の大御輿。



ダンスを踊る子供の背後には、神田祭の曳き物である大鯰と鬼が待機している。
大江山凱陣鬼首は、江戸名所図会にも描かれるなど神田祭の象徴的な存在だ。
また、大鯰と要石も、江戸時代の絵巻物に描かれたという人気者である。
どうやら、これが、パレードの最後尾みたいだ。
どうも天気が怪しいので、今日は、これで撤収する。



<< 前へ(パレード)      このページのTOP     日本橋架橋百年祭TOP     歴史イベントTOP