HOME(イベント)日本橋架橋百年祭<<東北復興パレード

日本橋お江戸舟運まつりクラッシックカーパレード(オープニング)東北復興パレード架橋100周年記念パレード


パレード 第1部・第2部(東北復興パレード)



再び、コレド室町前の中央通りに来た。
いよいよメインイベントのパレード本番が始まる。
ただ、見てる位置が今ひとつよろしくない・・・
各団体のスタート地点のやや後ろという中途半端な場所にいる。
とりあえず、目の前をオープニングのマーチングバンドが通りすぎていく。
(左)たぶん、日本橋中学校吹奏楽部。



(左)続いて、日本橋女学館吹奏楽部・・・いや、男子もいた・・・
(右)バチを叩きながら歩くのは、城東小学校らしい。



ここから、「第2部 東北復興パレード」だとか。
東北の復興を旗印に、様々な団体がエントリーしている。
まずは、仙臺すずめ踊りの一団がやってきた。扇子を広げ、独特のステップを踏みながら舞う。
江戸初期に、仙台城落成を祝い職人たちが踊った事がルーツなのだとか。



これは、太鼓を打ちながら進軍する奥州会津流獅子躍。獅子頭をかぶり背から白いのが伸びているインパクト抜群のスタイルだ。
これも江戸時代からの歴史がある伝統芸能らしく岩手県指定無形民俗文化財なんだとか。



岩手県北上市の北藤根鬼剣舞。大正あたりにルーツがある郷土芸能らしい。
鬼の面を被り剣を持ち笛や太鼓の音に合わせて踊る。



大船渡市指定無形民俗文化財だという河原鎧剣舞。また、鬼だ。
江戸末期から伝わるもので、平家一族の亡霊退散と成仏を踊るのだとか。



岩手県指定無形民俗文化財の浦浜念仏剣舞だとか。
大船渡市三陸町越喜来の浦浜地区に江戸中期より伝わるものらしい。



ステップを踏みながら傘やリングを持って舞うのは、山田町八木節
ここも、岩手の三陸の方にある町らしい。



相馬野馬追で知られる相馬から騎馬武者も参加。
平将門がルーツとされる古い神事で国の重要無形民俗文化財に指定されている。
時折、馬を走らせるがアスファルトが滑るようで蹄がスリップしていた。



相馬野馬追は、ニュースでしか見たことがないが一度は見てみたいイベントの一つだ。



信号待ちなのか?行列の前が進むのを待つ騎馬武者たち。



まだ、パレードは続く。このあとは、地元の日本橋界隈に出番が回ってくる。


<< 前へ(パレード)      このページのTOP     日本橋架橋百年祭TOP     歴史イベントTOP     次へ(パレード) >>