HOME(イベント)<<東京時代まつり<<奥山風景


江戸時代の奥山は大道芸や見せ物小屋が並ぶ繁華街で、浅草の盛り場としてのルーツとなる場所であるという。
浅草寺境内では、江戸庶民の人気スポットであった当時の奥山の風情が再現されている。
規模は、こぢんまりとしたもので、 見た目には、お祭り・イベントでの屋台や模擬店を江戸仕様に改変した感じだが、
まあ、それっぽい出店が並んでいる。
左は、記念の小判。一両三百円で、ここで流通もしているらしい。



本堂側からの入場ゲート。右側にもう一つある。

入り口 半鐘

辻占の光景と、火の見櫓に本堂の屋根。



まとい

せんす はごいた

(右)実演されているのは、マジックショーみたいだ。

マジックショー



市川團十郎像の側には、平成中村座が建っている。当然、歌舞伎が興業されているはずだ。

市川團十郎像 平成中村座

(左)花やしきも、衣装替えされていた。
(右)「大絵馬寺宝展と庭園拝観」とあるので、拝観してみる。

花やしき

続いては、普段非公開となっていて、なかなか見られない「伝法院庭園」の光景。


<< 時代行列 このページのTOP    歴史イベントTOP     伝法院庭園 >>