HOME(イベント)≪本土寺(あじさい)

本土寺


以前、人気の紅葉シーズンに来訪した本土寺に来た。
その時も、多数の江戸庶民(推定)が詰め掛けていたものだが、
ここは、“あじさい寺"としても知られる場所だ。
なんでも、本土寺は「北の鎌倉」と呼ばれ、明月院に例えられるほどの
“あじさい"の名所であると言う。
今回は、その“あじさい"のシーズンに来てみた。



境内に入ると、五重塔へと上がる階段に沿って紫陽花が植えられている。
ただ、紅葉の時と同様に逆光・・・同じような時間に来たらしい。
開花状況も、まだ、やや微妙か。

本土寺 本土寺

(左)逆光で白飛び気味の五重塔。
(中)本堂前の階段。今度はフラッシュが余計だった。

本土寺 本土寺 本土寺

本土寺 本土寺

紅葉シーズには、ちょっと殺風景だった花菖蒲田もシーズンを迎えている。

本土寺 本土寺

本土寺

本土寺 本土寺

本土寺 本土寺 本土寺

本土寺 本土寺

(左)像師堂。
(右)稲荷社。

本土寺 本土寺

(左)弁天池の裏側。
(中)池の中央にも、微妙に紫陽花は咲いているが、写真だとわからない。

本土寺 本土寺 本土寺

(右)妙朗堂の前。

本土寺 本土寺

境内をほぼ一周してきたところ。 ここの階段横の斜面にも紫陽花が群生している。
(左)五重塔遠景。
(中)開山堂。

本土寺 本土寺 本土寺

本土寺

このページのTOP   紅葉の本土寺