HOME(イベント)<<羽子板市

羽子板市は、江戸時代から浅草寺境内で冬の風物詩として親しまれてきた伝統行事だ。
例年、12月17〜19日に開催され開かれ、羽子板は、魔除けとか厄除けとして女の子にあげるものなんだとか。
その羽子板の生産地としては、現在、春日部や岩槻が有名なのだという。
今年も凄い人込みなのだが・・・“今年は、少ないねえ・・・”というなんて話が聞こえてくる。
確かに、境内には露店がひしめいているように見えるのだが、主役の羽子板の店は片隅に追いやられている・・・そんな印象を受ける。
似たような行事だと思う酉の市では、そういう衰退を感じない盛況ぶりだったのだが。
もっとも、集客力という意味では負けてない気もするので、あくまで業者の減少ということであろうか。
その日の日記 >>


(左)昨今では、とにかくスカイツリーを入れて撮るというのがトレンドとなっている。
(右)浅草寺の本堂。

ツリー 本堂

(左)江戸時代には、贔屓の歌舞伎役者の羽子板を買い求めたのだという。
(中)五重塔。
(右)本堂に飾ってある羽子板「助六由縁江戸桜」だとか。

助六

(左)凧だ。
(右)本堂の向かって左手の一画に羽子板の露店が軒を連ねる。

たこ 本堂

羽子板に造詣が深いわけではないので、凄いという当たり前の感想しかないが・・・

羽子板 羽子板

(左)真ん中のは、連獅子らしい。
(右)宝船の右側のやつは、弁慶とあるので勧進帳かな。

羽子板 羽子板

見て何が分かるというわけではないが、職人の技術の高さと伝統が廃れてしまうことの危惧を感じずにはいられない。

羽子板 羽子板

(左)ゲゲゲの...と笑点の羽子板。流行をテーマにした代わり羽子板も人気だ。
(右)市川海老蔵の助六。古典的な題材であるようだが、今年はこれも世相を繁栄したものとなっている。

笑点 海老蔵

(左)正月の縁起物羽子板。
(右)商談成立!この手締めの光景も、やはり、酉の市にくらべて少ないような気がする。

羽子板 手締

このページのTOP     浅草酉の市2010     歴史イベントTOP