HOME(イベント)≪五條天神社 うけらの神事

五條天神社


上野公園にある五條天神社の境内には人々が参集しつつある。
この日、ここで「うけらの神事」なる行事があるらしい。
病鬼を祓う追儺式などと言われても、なんだか分からないが、
無病息災を祈願する節分の行事らしい。
要は、豆まきの前に行われる神事ということだ。
五條天神社は医薬の神様として知られた神社で病の鬼を祓うのだという。

その日の日記



まずは、社殿において粛々と神事が執り行われている。
これが、結構長く蚊帳の外の群衆には少々忍耐が求められる。
(右)江戸庶民(推定)をお祓いする神職。

五條天神社 五條天神社

儀式の参加者が豆まき用の升?を持って退場してくる。ようやく次のプログラムが始まるようだ。
(右)なにやら、鬼みたいなのが出てきた。

五條天神社 方相氏

この四つ目の怪物は、方相氏と言い鬼を追い祓う役目を追うという・・・怪物じゃないらしい。
ヅラが落ちるアクシデントを乗り越え、四方に弓を射る真似を繰り返す方相氏。

方相氏 方相氏

このルックスは、生半可な鬼より鬼らしい。

方相氏 方相氏

このように弓をいる真似をしているのは蟇目鏑という儀式で、これで鬼や病を祓うのだという。

神職の弓 神職の弓

そこで、その祓われ役の鬼が登場。
(右)わお〜と雄叫びを上げ、参拝客の中を駆け抜けていく赤鬼の雄姿。

鬼 鬼

青鬼も駆け抜ける。
舞台に上がると悪役レスラーのように吠える。

鬼 鬼

迎え撃つ方相氏とバトルを繰り広げる鬼たち。

鬼 鬼

どちらも悪役にしか見えない・・・
後ろで煙が焚かれているが、それが「うけら」であるという。

鬼 鬼

問答を仕掛ける斎主さん(氏子総代の方らしい)。
なぜか、神妙に話しを聞く鬼たち。
そして、うお〜しか言わなかった鬼が“節分に、病気や災いをもたらす“みたいな事を言う。
言うのだが、あっさり説き伏せられ退散する。
(右)方相氏の合図で、“鬼は外・・・”の投擲種目に移行する。

鬼 鬼

みなさん、お待ちかねの豆まき開始。
前へ、前へ、押し寄せてくる信心深い江戸庶民(推定)たち。
写真を撮るのが困難(ほとんど手ぶれ)なほどだったが、場所が良かったのか意外にキャッチできた。
(右)こんなのが飛んで来た。

豆まき 豆まき

このページのTOP     23区上野編     歴史イベントTOP